検索
  • Mikiko Tamaki

雨の日


春の雨が降っている。

雨の日には、わが子がまだ赤ん坊だったころのことを、思い出す。

赤ん坊は、雨の日によく眠る。

なぜだろう、よく言われるその話は、本当だなと実感していた。

気圧のせいだとか、なんだとか。

理由はわからないけれど、雨の日はなんだかよく眠る。気がする。

お洗濯物も干せないし、できることが少ないから、

親も余裕をもってみていられるのかもしれない。

腕の中で、あるいはソファで眠る子の、あたたかさ。

喜んでどたばたすると起きるから、あんまりいろいろはできない。

ただただ、雨音に包まれていく部屋で、

世界から隔絶されたようなその時間を、私はどのようにすごしたか、

もうあまり覚えてない。

でも、今日の雨音を聴いていたら、そのときの感覚、が蘇ってきた。

大人だって、窓辺の椅子に腰掛けて、静かな雨音のなかにいると、なんだかねむたい。

ねむたい時間は、寝ている時間よりも、幸せだ・・・。

子どもはねむたくなるとグズる。グズって、眠る。

ねむたいときに幸せを感じられるのは、大人の特権だな。


165回の閲覧

最新記事

すべて表示

夏至祭

今日は夏至、と友人のHちゃんから聞いた。 そうか、夏至。サマーソルスティスと聞くと、今から10年以上前、スコットランドの共同体「フィンドホーン」で参加した夏至祭のことを思い出す。 フィンドホーンの名前を聞いたのは、これまた今から15年くらいまえ、三鷹でほんの数回だけ援農をさせていただいた農家の奥様から。 もともと看護師をしていたというその方は、夫となる農家さんの姿を見て、「そうか、土に必要なものは

© 2020 tobira-sha