検索
  • Mikiko Tamaki

パソコン上げて、目線も上げて。(願)


久しぶりの体調不良だった。

最初は長男のお咳コンコンから。あちゃーこれは・・・なんて思っていたら案の定、私も喉の奥がゴロゴロ。続いて鼻水がズビビビビ・・・

なんだか身体がだるい。気力もない。はい、風邪もらいましたね・・・・

ということで、夫が帰ってきたら即横たわり、この3連休は涅槃像のようにふとんでできるかぎりゴロゴロしていました。

「涅槃像 フリー」で検索w

まあ、こうなる予兆はあったわけで。

忙しすぎた夏、息つく間もなく駆け抜けて、ロケであちこち飛び回り。

気づけばデスクトップの上にはさまざまなドキュメントがとっちらかり、もちろん部屋も同じ状況。

そんなこんなの時期がひと段落して、なんとなくホッとしたのが今なのです。

気が抜けた、というやつですね。

でもね、わかっていても、体調が悪いと気持ちも落ち込みがち。

「ああ、私、やっていけるのかしら・・・」

「そもそもこの仕事、向いているのかしら・・・」なんて。

ふだんの私を知る人なら「まさか!?」と思うような弱腰になっていまして。

そんなとき、ふと目に留まったのがシェアオフィス仲間・Tちゃん(20代)のノートパソコン。

おおっ、なんだか、ナナメに上がっているぞ?

こんなかんじ

老いては子に従え、アラフォーは若者に従え。

ということで、すぐさま本人に聞いてみましたところ、

「画面が見やすくて、肩こりも解消される感じなんですよ〜」とのこと。

調べてみると「ノートブックスタンド」というそうな。

よし、早速私も真似しよう! はい、節操なんてありません。

というわけで、私もこちらを導入してみました。

いい。なんかいい。

パソコンと一緒に目線も上がって。

よし、やるぞーという気持ちに(少しだけ)、なった気がします。

並行して、デスクトップの整理と、とっちらかった部屋の片付け(少し)、あと、

気になっていたことをいろいろやってみました。

たまっていたゴミを捨てたり、売ろうと思ってとっておいた服やDVDをお店に持っていったり。

売れたお金で漫画を買ってみたり(笑)。

見て見ぬふりを改めたら、おお、なんだか気力がだんだん、戻ってきたような・・・?

なんて。

なんでもいいけどこうやって、自分で自分の気分を持ち上げていくことも大切ですよね、というお話。

あとはやっぱり、休むべきときは休むということですね。

SNSはひとときでもおやすみして、デジタルではなく紙の文字をゆっくり読んだり。

断食にも最近ちょっと、関心があります。

わあーそうこうしているうちに、また時間がたっていく。

あー、まとまりがない!ライター失格! 泣

と、

お目汚し失礼いたしました。

さあ、日々を淡々とすごすぞー


88回の閲覧

最新記事

すべて表示

夏至祭

今日は夏至、と友人のHちゃんから聞いた。 そうか、夏至。サマーソルスティスと聞くと、今から10年以上前、スコットランドの共同体「フィンドホーン」で参加した夏至祭のことを思い出す。 フィンドホーンの名前を聞いたのは、これまた今から15年くらいまえ、三鷹でほんの数回だけ援農をさせていただいた農家の奥様から。 もともと看護師をしていたというその方は、夫となる農家さんの姿を見て、「そうか、土に必要なものは

私の宝もの

望んでもなかなか手に入るものではなくて、それなのにたまたま自分にはあるもの。 そういうものを宝ものと呼ぶとき、からだが丈夫なことに加えてもう一つ、私には大きな宝ものがあると思っている。 それは、祖父母と暮らした日々。 うちは、父の両親と同居する、典型的な?昭和の長男坊の家だった。 若い頃はびっちりと鬢付け油で七三にしていた、ソフトテニスが趣味だったという祖父。私が幼稚園のころに自動車事故に遭い、以

© 2020 tobira-sha